江本ニーアンドスポーツクリニック
tel:0943-32-1213
交通アクセス
診療案内 クリニック概要 医師 スタッフ 手術 リハビリテーション 健康運動指導
トップページ > スタッフ紹介 > スタッフ紹介(放射線科・事務・厨房)

看護部   ◆リハビリテーション部   ◆放射線科・事務・厨房


スタッフ紹介


阿部 真由美(秘書)
2017年4月
 開院時より、事務業務に携わっています。 業務としては、同じ事の繰り返しなのですが、良い事があったり、失敗したりと、毎日更新され、前日と同じという日はありません。
 毎日の新しいことに、緊張しつつも楽しめるようにしていきたいです。

スキルアップ
2016年02月 スキー研修(第2班) PDF
2014年03月 スキー研修(第1班) PDF
2013年10月 モータースポーツ部活動 F1観戦 PDF
2013年2月 スキー・スノーボード研修(2班) PDF
2012年12月 ホノルルマラソン完走 PDF

高木 真希(栄養士)
2017年4月
 こんにちは!菜の花の群生にパワーをくれる今日この頃、いかがお過ごしでしょうか。
 当院も沢山の方々に支えられ、おかげ様で間もなく12年目に入ろうとしております。12年を人で例えるなら、まさに第2次成長期!!私自身、もっと安全に、より誠実に、常に向上心を持って前に進んで行きたいと思います。どうぞこれからも、より良いクリニックでありますよう、ご指導ご鞭撻頂きますようお願い申し上げます。

中村 一生(事務 兼 総務部長)
2018年4月
 本年は診療報酬、介護報酬が改正され今後の動向に注目しています。また働き方改革をはじめとする労務法務その外いろいろな分野での改定、改正など行われています。それぞれ難しいことが多くバランスが大切なようです。
 市町村地域人口の増減、年代の変化、ある集落の移動などいろいろな集会に参加し様々な問題や切実な意見など聞きますと、改めて現在の社会に沿った生活と医療との新しい関わり方を考えますし当院の医療機関としての重要性も役割を感じますし、また町づくりの活性化と繋がっているように改めて思います。
 当クリニックも他の部署をワーキングシェアするという効率化を早く取り入れていました。
 部署を超えた応援やカバーをすること、個々の業務範囲の能力を広げ効率化するためです。もちろん休みの確保や業務の軽減をも含みます。その医療労務管理の体制を考えることは大変なことですし、物のやり取りとは違うところでしょうか当然の事ながら後戻りのできない責任が伴います。
 働き方の改革は簡単に考えてみますと、働く人が健康的に働けることと、経営を柱に効率化して柔軟な働き方をバランスよくするということでしょうか。同時に進めて維持していくことは大変ですが、しかし効率的を求められる現在、今後職員スタッフの働き方休み方にしても社会の変化に応じていくことがとにかく大切のようです。個人が求める働き方と企業発展は進歩し止まるわけにはいきませんが社会との調和は大事です。そこに難しさを感じますが頑張らねばと思います。
 先生方の確かな技術のもと、知識、連絡、理解し伝達など常時、皆気が抜けません。責務を遂行していくためには個々の能力を高めることが求められ「人間力」「突破力」「パラレルワーク」とかいわれていますがそういったものもきっと何かに役に立ち必要な場面があることでしょう。技術の準備があり物の準備がありそして的確さと丁寧さとかが大切であると思いますがそこには安定した心の準備も重要なようです。
 当クリニックは最新、最良の医療を常に行いながら常に知識を深め十分な看護とリハビリ、機械を備え最近では最新のMRIを導入しました。先生方の医療技術で地方でも最新最良の医療を提供していくところは変わりありません。 私も事務として間接的に関わるも医療従事者として患者、スタッフ同士、外の関係者の方々とより良い信頼関係をもち当然のことながら笑顔を忘れず「心くばり」のギアを上げていきたいと思います。今後ともよろしくお願いいたします。

スキルアップ
2014年07月 ゴールドコーストマラソン2014参加 PDF

山根 一将 放射線部 部長(診療放射線技師)
2018年4月
 今年の放射線部としては、昨年末から患者さんや周囲の医療施設の御協力もあり、MRI装置の更新を無事に完了することができ、1月中旬から新たなMRI装置が稼働しております。当院ホームページのトップページにもMRI検査室の内部が見れますが、日本中どこの病院に行っても当院のような検査室はない斬新なデザインに仕上がっております。初めてMRI検査室に入る患者さんも驚かれますが、評判は上々です。MRI装置の機能もグレードアップしており、特に検査時間の短縮により患者さんへの負担も大幅に軽減しておりますので、MRI検査が苦手な方でもまずは試す価値ありです。
 また昨年も「働き方改革」により、余儀なく診療時間の短縮・変更を行いまました。当院を利用されております、患者さん大変ご迷惑をお掛けしております。当院での診療時間、利用時間が減った以上に診療・医療の質もスタッフ一同研鑽を重ね、これまで以上のものを提供できるように努めて参る所存でありますので、13周年を迎えた当クリニックを今後ともよろしくお願いいたします。

スキルアップ
2013年10月 アメリカ医療交流 PDF
2012年9月 医療法人アレックス創立10周年記念学会参加 PDF


大石 恵 事務部 部長(医療事務)
2018年4月
 こんにちは、事務の大石です。 4月も終わりに近づきましたが、まだまだ肌寒いですね。
 今年は新年度早々に、ハーフマラソンに参加させて頂きました。 今回の経験を通して自分の世界が広がり、挑戦したい事がさらに増えました。
 仕事面ではまだまだ至らない点も多々あり反省する日々ですが、患者さんから声をかけて頂く事も多くなり、日々励みになっています。 患者さんが安心して治療に専念出来るよう、相談しやすい受付になれるよう、これからも事務の面からサポートしていければと思います。

スキルアップ
2013年3月 サイパンマラソン研修報告 PDF
2012年9月 医療法人アレックス創立10周年記念学会参加 PDF


玉野井 宏和 放射線部(診療放射線技師)
2018年4月
 毎年、このコメントを更新するたびに昨年度の1年間を振り返り、新たな1年の目標を考えています。
 昨年は、参加予定のマラソン大会の数日前に、左下腿の肉離れを起こして出場できませんでした。学生の頃は水泳をしており、あまりスポーツ傷害とは縁のない生活をしていましたので、自分にとっては大きなケガでした。
 今年から、週に一度スポーツジムで水泳をしたりしながら体力の向上をはかっています。3年近く前にトライアスロンに参加させていただき、水泳・自転車・ランニングで約52kmを完走しました。今後、さらに距離の長いトライアスロン大会に出場し、完走することが最終目標です。今年1年はその足がかりとなるようにしっかりと体力をつけたいと思います。
 また、今年もより多くの知識を吸収し、自分の仕事に誇りをもって技術を突き詰め、それを全国学会での発表で形にしていきたいと思います。 当院が最先端の専門医療を提供するためには、スタッフ個人のレベルアップが不可欠ですので、チーム医療の一員として少しでも皆様のお役に立てるよう、日々を過ごしていきたいと思います。

スキルアップ
2017年02月 第47回 日本人工関節学会
『人工関節形成術後患者に対するX線撮影法の検討』 PDF
2016年01月 スキー研修参加 PDF


木下 絵梨(医療事務)
2018年4月
 入職して2年が過ぎました。
 仕事には慣れたものの、まだまだ失敗することもあり 先輩に迷惑をかける日々です。
 入職した頃に比べ事務部の人数も減り、大変な時もありますが 受付に立つ以上は病院の顔であることの自覚をもって業務に取り組んでいきたいと思います。 


倉員 明日香(医療事務)
2018年4月
 入職して3年目になります。入職した時に比べ、業務にも慣れ、できる事も増えました。
 以前より余裕を持って業務に携わる事ができるようになったため、初心を忘れずに、より丁寧に質の高い内容で、日々の業務に取り組んでいきたいと思います。
 患者さんが安心出来るような対応を心がけて、今年も頑張ります。

佐藤 那美(医療事務)
2018年4月
 平成30年1月より事務部に入職させて頂きました、佐藤と申します。
 熊本出身で、この度ご縁がありまして江本クリニックで働かせて頂く事になりました。 慣れない土地で不安もありますが、一生懸命頑張ります。
 よろしくお願い致します。

谷川 美幸(医療事務)
2018年7月
 初めまして。平成30年5月に入職しました谷川と申します。
 まだまだ分からない事ばかりですが、少しでも多くのことを身につけることができるよう精一杯頑張りますので、どうぞよろしくお願いします。

トップページ
江本ニーアンドスポーツクリニック
〒834-0115 福岡県八女郡広川町大字新代1332-1 Tel 0943-32-1213  Fax 0943-32-0037
(C)Copyright Emoto Knee and Sport Clinic. All rights reserved.