江本ニーアンドスポーツクリニック
tel:0943-32-1213
交通アクセス
診療案内 クリニック概要 医師 スタッフ 手術 リハビリテーション 健康運動指導
トップページ > スタッフ紹介 > スタッフ紹介(看護部)

看護部   ◆リハビリテーション部   ◆放射線科・事務・厨房


スタッフ紹介


樋口 菜津子 看護師長(手術場)
2018年4月
  早いもので、今年の5月で丸12年を迎えます。こんなに早く10年を超えてしまうとは開業当時は思ってもいませんでした。建物の老朽化と共に私の身体も老朽化?(笑)に伴い、疲れが取れず次の日に持ち越したまま業務に携わることもしばしばあります。これからの課題は、まず次の日に疲労を持ち越さない様に短い時間でもしっかり休憩も確保する事、それが体調管理の大事なポイントだと感じています。とはいえ、この厳しい医療状勢で生き残ってく為にはやはりこれからも専門性を追求することに手を抜くことは許されません。高いモチベーションは常に持ちつつ、スキルアップできるよう今後も努めて参りたいと思います。
 今後もよろしくお願い致します。

スキルアップ
2013年01月 人工関節学会inスイス PDF
2012年4月 フロリダ(アメリカ)研修 PDF
2012年02月 北海道大学病院スポーツ医学診療科研修 PDF
2010年08月 ソウル・麗水(韓国)研修 PDF
2010年06月 淵野辺総合病院研修 PDF
 


釘嶋 美奈 看護師長(外来/手術場)
2018年4月
 1年があっというまに過ぎていきます。当院も13年目に入りました。当院以外でも専門性を押し出した病院が数多く、増えつつあります。そんな中でも生き残るために、いろいろなアピールポイントがあると思います。
 当院は、外来受診し手術の適応だと言われ、患者さん自身も手術を希望されれば、最短で手術が可能なこと、短期入院であること、MRIも当日予約・検査が可能なこと、新しいMRIも今年から導入し撮影時間が短縮されたことなど、アピールポイントがあります。
 患者さん自身の理想とするものと一致すればそれが実施されることで満足につながると思いますが、ハード面だけでなく、そこに従事するスタッフも大事だと思っています。
 患者さんが安心して治療を受けられるよう丁寧な説明、接遇、技術の的確さ迅速さなどは短期間で磨かれるものではありません。プロとしての高い意識を持ち、日々努めていきたいと思います。

スキルアップ
2012年11月 韓国医療交流会 PDF
2012年02月 第42回 日本人工関節学会参加 PDF
2008年06月 ピッツバーグ(アメリカ )研修
2007年03月 ソルトレイク(アメリカ )研修
2004年02月 フロリダ(アメリカ )研修
 


松本 香織 看護師長(病棟)
2018年4月
 こんにちは。ホームページをご覧頂きありがとうございます。
 1年は早いもので、お陰様で開院13年目を迎えることができました。
 近年の社会情勢により当クリニックも働き方改革に伴い、診療時間の変更を行いつつ、職場環境改善に努めております。しかしながら、患者さん、ご家族には大変ご迷惑をおかけしております。そういった状況の中でも当院を受診して頂き、誠に感謝しております。
 3名の膝のスペシャリストDrへの期待はもちろんのこと、私達看護スタッフも一人ひとりがプロになり、少しでも期待に答えられるように努力しております。
 患者さんやご家族が安心して治療を受けていただけるように、より良い質の高い看護の知識・技術を習得し、多様化するニーズに対しても充実した患者サービスを提供できるように日々精進してまいります。今後とも宜しくお願い致します。 お気軽に声をかけてください。

スキルアップ
2012年04月 フロリダ(アメリカ)研修 PDF
2010年06月 淵野辺総合病院研修 PDF
H16年02月 フロリダ(アメリカ)研修


松尾 伊津子 看護部 主任(看護師)
2018年4月
 新緑が生き生きとし、風が清々しく気持ち良い季節になりました。この時期になると、何も変わっていないのですが、何か新しい感じがします。なんとなくですが、初めて仕事を始めた頃を思い出します。
 最近、外来患者さんから「あぁ、あの時の。入院の時は〜」と声をかけていただくことがあります。限られた僅かな時間しか接することが出来ていませんが、よく覚えて頂いていることに驚き、嬉しくなります。また、声をかけて下さる事が励みにもなっています。一期一会ではありませんが、その機会は一度きりのものと考えて誠意を持って接していきたいと思います。
 クリニックは13年目を迎えます。さらに発展し、ここまで続けて来れたことを患者さんへ返せるようスタッフ全員で日々努力していきたいと思います。

スキルアップ
2012年11月 韓国医療交流会 PDF
2010年10月 ソルトレイク(アメリカ)研修 PDF
2003年10月 サンフランシスコ(アメリカ)研修

看護助手 岩井
岩井 千津代(看護助手)
2018年4月
 早いものですね。当院開業して13年目になります。開院当初からいる私は今も現役で頑張っています。若いスタッフの人達に負けずに頑張りますので今後ともご指導、ご鞭撻を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。
 私の膝、右膝は入れ替えて3年目になりましたが、反対の左膝が近い将来、人工関節になるかなと思っていますが、両膝人工関節になっても患者さんたちと関わりながら仕事を続けていきたいと思っています。

高橋 未奈(看護師)
2018年4月
 こんにちは。最近少しずつ暖かくなってきましたが、日によってはまだまだ寒いもありますね。当院が開業して12年が過ぎました。私も入職して9年目になります。外来でも患者さんから、よく声をかけて頂くことも多いです。
 日々があっという間に過ぎていく感じがあります。医療・技術が目まぐるしく変化する中、安全第一により良いものを提供出来るように、日々試行錯誤しております。それを行う為にも、しっかりした知識と技術を身につけ、柔軟に対応が出来るようにもっと勉強していきたいと思います。
 今後もよろしくお願いいたします。

スキルアップ
2016年01月 スキー研修参加 PDF
2013年10月 モータースポーツ部活動 F1観戦 PDF
2013年03月 スキー・スノーボード研修(3班) PDF
2012年12月 ホノルルマラソン完走 PDF
2011年02月 大川マラソン10km完走



中島 千晶 チーフ(コーディネーター)
2018年4月
 当クリニックが開院して12年、私も入職して7年半が経ちクリニックの歴史の半分以上を一緒に過ごしてきました。私自身、医療の場に関わる事も初めてで当初は右も左も全く解らない状態でしたが、先輩方に指導して頂きたくさん迷惑をかけながらもここまで続けられる事ができました。他では経験できない事ばかりで、様々な事を学ぶと共に自分の未熟さにも気付かされ、得るものが大きかった7年半だったなと思います。
 そのことを忘れず、後輩にもそう思ってもらえるよう指導できればと思います。
 本当にたくさんの経験をさせて頂き、今では外来や病棟・コーディネーター業務に加え、手術室や中材などでも、様々な形で患者さんと関わらせて頂いております。幅広く業務をやっていく中でも決して中身が薄くならないよう、ひとつひとつの場所でもしっかりとスタッフ同士、そして患者さんと向き合い真摯な医療を提供していけるよう更に精進していきたいと思います。

スキルアップ
2015年01月 北海道スキー研修 第1班 参加 PDF
2014年07月 ゴールドコーストマラソン2014参加 PDF
2013年03月 サイパンマラソン研修 PDF
2011年02月 大川マラソン10km完走


菊竹 巳恵子(看護師)
2018年4月
 看護師の菊竹です。
 看護師になり20年目を迎えました。振り返ってみると、あっという間のような感じがします。20年というとベテランの看護師という感じがしますが、技術も経験もまだまだという気がします。年を重ねるごとに日々の業務におわれ、淡々とこなす毎日になって来ている感じがします。
 医療も日々進歩しています。新しい知識や情報を日頃からキャッチしていかなければいけないと感じます。
 今後も仕事と家庭を両立して行ける様努力していきたいと思います。


中村 恵美(看護師)
2018年4月
 入職して6年が経ちました。病棟、外来で患者さんと関わる中で、クリニックの理念や方針をもとに多種多様なニーズに応えていくことの難しさを日々感じております。
 ニーズを知る為には背景を知ることはもちろん、コミュニケーションを図ることが必要ですが、業務をまわすことで精一杯になり気持ちに余裕がなく、一方通行で終わってしまう場面があります。初めての診察、検査、入院、手術であれば尚更不安は大きいものです。少しでも不安の軽減を図り、安心・安全な医療を提供できるよう、これからも業務に携わっていきます。
 また、私事ではありますが3人の子ども達の成長を楽しみつつ、やりがいのある仕事を続けていく環境があることに感謝をして、1日1日を大事にしていきたいと思います。


永利 真理(コーディネーター)
2017年4月
 入職して4年と少し、看護助手の中ではあっという間に中堅スタッフになりました。後輩に指導することも多々ありますが、時々どうするんだっけ?と思い出しながら業務に取り組むこともあります。復習にもなり、新たな発見・勉強にもなり、そういう時は充実感を覚えます。
 コーディネーターとして主に病床調整や手術日程を決めるなど、電話で患者さんと接する機会が多いです。わかりやすく説明できているか、早口になって聞き取りづらくなっていないか常に注意しています。日々反省しては次ぎに活かすようにしています。プレッシャーに感じることも多いですが、自分なりになんとかやれているのかなと思っています。
 私事ですが、今年3月に入籍し、秋に出産を控えています。今年1年は自分にとっては初体験のことばかりで今からとても楽しみです。
 体調面では無理せずにできることは精一杯頑張ろうと思っています。
 どうぞ宜しくお願い致します。


野中 美帆(看護助手)
2018年4月
 入職して5年が経ちました。もうそんなに経ったのかと、毎日過ぎるのが早いですね。
  中材での仕事を始めてから1年経ち、少し慣れたかなと思いますが、まだまだ覚える事がいっぱいです。どのようにして効率よく稼働していけるか、今年の目標です。
  また、昨年は体調を崩す事が多かったので、しっかり体調管理をしていきたいと思います。
 それから昨年は福岡マラソン2017に参加し、完走することができました。すばらしい体験をさせて頂きました。また新しい事に挑戦できるように日々頑張っていきたいと思います。

安藤 美咲(コーディネーター)
2018年4月
  入職し2年が経ち3年目になりました。この2年間でコーディネーター業務以外にも手術室や病棟、受付など様々な業務を経験させていただきました。初めての来院や手術の方、入院やリハビリ通院の方など様々な状況の患者さんと接する中でまだまだ足りない部分や成長出来た部分などに気付かせていただきました。
 これからも日々成長や気づきを大事にしてきたいと思います。


津村 亮二(看護師)
2018年4月
 4月で入職して3年目になります。病棟から外来を経て、さらには昨年末からはOP室を中心に働かせて頂いております。OP室は初めての経験なのでわからないことが多いですが、業務内容だけでなく専門的知識を兼ね備え、質の高い看護を提供出来るように日々努力していきたいと思います。
 また、昨年は人生2度目のフルマラソンを完走させて頂き、貴重な経験を積ませて頂きました。今年は知識を養うとともに、体力アップもタイムアップも目指していこうと思います。


金子 麻未(看護助手)
2018年4月
 こんにちは。去年7月からコーディネーター業務をさせて頂いております金子です。
 昨年も人生初めてのフルマラソンに参加するなど沢山の経験を積ませて頂きました。
 マラソン以外にも昨年は、仕事中に突然の腹痛に襲われて病院を受診する事になり、患者さんとして医療を受ける側の経験もしました。
 当院に来院される患者もそれぞれに感じる痛みの程度は各々異なりますが、現状の痛みからの早期解放や早期社会復帰は皆さんに共通している考えだと感じております。私自身も腹痛で痛感しましたが、この経験を踏まえて患者さんの立場に立った迅速・丁寧で分かりやすい説明を心掛けられるコーディネータとして携われるように努めて参ります。
 今年は健康第一に、また昨年の自身のフルマラソン記録も更新できるようにスポーツも定期的に行っていきたいと思います。今年もよろしくお願い致します。


森山 勝次(看護師)
2017年4月
 昨年の9月に入職し、半年が過ぎようとしています。半年の間にいろんな経験をさせて頂きました。湘南鎌倉病院へ研修に行かせてもらい、人工膝関節の手術を見学したり、貴重な体験をする事が出来ました。また、今年始まってすぐにフルマラソンに参加させて頂きました。自分の人生にフルマラソンを走るなんて思っても無く、マラソンを走る直前まで避けて通りたかったです。いろんな方のサポートのおかげで完走する事が出来、本当に感謝の気持ちしかありません。
 まだまだ不慣れな事が多く、患者さんやスタッフの皆さんへいろいろと迷惑をかけていますが、早く一人前になれるよう頑張っていこうと思います。よろしくお願いします。


熊添 遥(看護助手)
2018年4月
 江本クリニックにきて約1年半になりました。
 この1年がとても濃い1年だったと思います。まだまだ1年という短い期間ですが、今年は中材という部門にも入る事になり、まで以上に繊細なことや清潔について意識するようになりました。毎日勉強の日々です。
 まだまだ覚える事も学ぶ事も沢山あり、いっぱいいっぱいになる事も有りますが、常に患者さんへの気遣い・笑顔などを絶やさずに最適な医療を提供出来るように、江本クリニックの一員として頑張っていきますのでよろしくお願いします。


森山 みどり(看護助手)
2018年4月
  入職してもう少しで1年になります。初めての医療現場ということもあり、覚える事が多く,自分に勤まるのか不安な時期もありましたが、先輩方にご指導いただきながら日々の業務に取り組んでおります。
 まだまだ知識不足・経験不足でご迷惑をおかけする事も多々あると思いますが、笑顔を忘れず、江本クリニックに来て良かったと思って頂けるよう頑張っていきたいと思います。


松下 智子(看護助手)
2018年4月
 入職して、もうすぐ1年が経ちます。そして看護学生としても2年生になり本格的に実習が始まります。この1年、看護部で働きながら沢山の事を学ぶ事が出来ました。また、患者さんには沢山の元気も頂きました。今まで頑張って来れたのは、皆さんのおかげだと感謝しています。
  これから、実習等で皆さんにお会いする機会が減ると思いますが、長期に渡って不在にしてしまう以上は、沢山の知識と技術を身につけ少しでも成長したと思ってもらえるような看護師になれるよう頑張ります。



トップページ
江本ニーアンドスポーツクリニック
〒834-0115 福岡県八女郡広川町大字新代1332-1 Tel 0943-32-1213  Fax 0943-32-0037
(C)Copyright Emoto Knee and Sport Clinic. All rights reserved.