江本ニーアンドスポーツクリニック
tel:0943-32-1213
交通アクセス
診療案内 クリニック概要 医師 スタッフ 手術 リハビリテーション 健康運動指導
トップページ > スタッフ紹介 > スタッフ紹介(看護部)

看護部   ◆リハビリテーション部   ◆放射線科・事務・厨房


スタッフ紹介


樋口 菜津子 看護師長(手術場)
2017年4月
  みなさんこんにちは。まだまだ寒い日が続いておりますがいかがお過ごしでしょうか。
 昨年で丸10年を迎え、今までは走り続けてきた10年間で、膝関節の専門として認識していただけるクリニックに成長してきたと思います。しかしこれからの私たちが考えていくテーマは、10年先を見据えて江本クリニックのあるべき姿を考え、次のステージへ進んでいくために取り組んでいかなくてはならない。目の前の問題だけに目を向けるのではなく10年後の医療界の変化にどう対応し、生き残りをかけて真剣に向き合って行くべきだと考えていかなければならないと思います。
 最近では勤務体勢の見直しや、受付時間や診察時間の変更により、患者さんやそのご家族には大変ご迷惑と困惑させたと思います。今後、勤務態勢も含め、まずはスタッフの健康管理も大事なテーマですし、心身ともに健康でなければ、よりよい医療を提供できません。とはいえ、まだまだ未熟な点が多々あります。今後も膝のスペシャリストの集団と支持して頂けるよう邁進し、努力し続けていたいと思います。これからもよろしくお願い致します。

スキルアップ
2013年01月 人工関節学会inスイス PDF
2012年4月 フロリダ(アメリカ)研修 PDF
2012年02月 北海道大学病院スポーツ医学診療科研修 PDF
2010年08月 ソウル・麗水(韓国)研修 PDF
2010年06月 淵野辺総合病院研修 PDF
 


釘嶋 美奈 看護師長(外来/手術場)
2017年4月
 社会情勢の流れに伴い、医療や労働に関する様々な法律の変化に対し、それに対応していかなければなりませんが、今まで何十年とやってきた色々なことを見直さないといけない時期にあるような感じがします。
 業務をコンパクトにする分、その分の患者サービスはおろそかにはなってはいけないし、短縮された時間でどう仕事を効率良く進めるか変化に合わせていくために、自分自身の固定観念を捨て、発想を変えることをやらないと新たな取り組みにも対応はできません。
 多くの患者さんが来院して頂ける理由は、変わること無く、専門性を求めてのことです。その意味をよく考え、丁寧な対応、ここに来て良かったと思って頂ける医療を提供できるよう努めて行きたいと思います。

スキルアップ
2012年11月 韓国医療交流会 PDF
2012年02月 第42回 日本人工関節学会参加 PDF
2008年06月 ピッツバーグ(アメリカ )研修
2007年03月 ソルトレイク(アメリカ )研修
2004年02月 フロリダ(アメリカ )研修
 


松本 香織 看護師長(病棟)
2017年4月
 こんにちは。少しずつ季節が変わり、心地よい風を感じる日が多くなってきました。
 昨年は開業10年の節目の年でもありましたが、これからの5年、10年どうあるべきか考える年でもありました。社会・医療情勢が目まぐるしく変化する中、私達は今どうすべきか自問自答している日々が続いています。
 医師達の医療・技術が変化するなか、安全かつ迅速に対応にできるよう、日々、試行錯誤しております。患者さん一人一人と向き合い、患者さんが何を望み、どんな事に困っているか、目標はどこまでか等、もっと患者さんを理解し、適確・適切な対応や指導をしなければならないと思っております。それには経験はもちろん、高い知識・技術が求められます。
 昨年も国内外から多くの先生方が見学に来られました。その際での勉強会や食事会での話から得たこと、医師やスタッフが研修先で得た知識を勉強会で伝えてくれたことなど、それをもっと生かしていきたいと思います。
 10年間の集大成をもっと発揮しつつも、現状に満足せず、それぞれの専門のプロとしてレベルアップし、最高の医療、看護が提供出来るように日々精進したいと思います。
 新しいことにチャレンジ、チャンスがあれば積極的に取り組んでいきたいと思います。これからも宜しくお願い致します。

スキルアップ
2012年04月 フロリダ(アメリカ)研修 PDF
2010年06月 淵野辺総合病院研修 PDF
H16年02月 フロリダ(アメリカ)研修


松尾 伊津子 看護部 主任(看護師)
2017年4月
 クリニック開業10周年が過ぎました。私も看護師として勤めさせていただき、10年目になります。病棟経験しかなかったのですが、外来を始め、手術室での医療に携わることになるとは当初思っていませんでした。それぞれの場所でのケアを学ぶ機会を得ることができました。
 外来は最初に患者さんと出会う場所で緊張するのですが、患者さんもそれ以上に不安や期待・緊張してみえます。病棟では、生活の場として、より安心感が必要だと思います。手術室は未知の世界。医療に関わりの薄い患者さんであればもっと不安が強くなります。
 さまざまな場所で関わることは、初診から入院、手術、退院から通院といった一連の流れを知り、先々のことを踏まえたケア提供ができるという強みがあると思います。この強みを患者さんに多く提供し、治療への不安が少しでも軽減できるようにしたいと思うようになりました。 10年を経験して得たものをそのままに提供するのではなく、常に更新して患者さんに安心感を与えられるように努力していきます。

スキルアップ
2012年11月 韓国医療交流会 PDF
2010年10月 ソルトレイク(アメリカ)研修 PDF
2003年10月 サンフランシスコ(アメリカ)研修



沖田 由子(看護師)
2017年4月
 春がやってきました。皆さんいかがお過ごしでしょうか? 今年5月で当院も11年目を迎えます。沢山の経験をして、成長してきました。業務改善や医療の質を落とさないように、これからもしっかり学んで新しい事を吸収して行きたいと思います。
 目標としては、言葉遣いや後輩等の指導もしっかり出来るように考えて、行動して行きたいです。
 まだまだ看護師として至らない所も多いですが、2年前からは未知の育児と仕事の両立をして、あっという間に時間が経ってしまいました。今年も2人目が生まれ、更に忙しくなりますが、ママさん看護師として仕事もパワー全開で頑張りたいと思います。

スキルアップ
2010年08月 ソウル・麗水(韓国)研修 PDF
2010年06月 淵野辺総合病院研修 PDF

看護助手 岩井
岩井 千津代(看護助手)
2017年4月
 今年の五月で十一年目を迎えます。去年、十年目を迎えた時は、十年目の記念として院長先生から、日付と名前が刻まれたクリスタルガラスの置物、一ヶ月のリフレッシュ休暇・他いろいろと頂きました。本当に感激で胸いっぱいでした。十年間仕事が続けられたのはスタッフの皆さんの協力のおかげだと思っています、本当に感謝の気持ちでいっぱいです。
  これからもまた、十一年目を迎えますが皆さんにご迷惑をかけることもあると思いますが初心を忘れず、病棟の方で患者さんとコミュニケーションをとりながら助手業務を務めていきたいと思います。今後もよろしくお願い致します。

高橋 未奈(看護師)
2017年4月
 桜も開花して気候もまだ気温差はありますが、だいぶ暖かくなってきました。  入職してから8年目となりますが、日々様々な事を教えて頂き、貴重な経験をさせてもらっています。  4月になりますのでまた初心に返り、気を引き締めて日々を過ごしていきたいと思います。そして、まだ勉強中でしっかり自分の物に出来ていない物もあり、先輩方にフォローして頂くことが多いですが、今後も日々学んで自分の物にしていけたらと思います。今後もよろしくお願いします。

スキルアップ
2016年01月 スキー研修参加 PDF
2013年10月 モータースポーツ部活動 F1観戦 PDF
2013年03月 スキー・スノーボード研修(3班) PDF
2012年12月 ホノルルマラソン完走 PDF
2011年02月 大川マラソン10km完走



中島 千晶 チーフ(コーディネーター)
2017年4月
 入職して今年で7年目を迎えますが、すっかり後輩ばかりになり指導について日々難しさを感じています。人に何かを教えるとなるとそれの何倍も知識が必要ですし、相手により理解してもらえるように伝え方も工夫しなければならないので、今はそれも勉強だと思い悪戦苦闘しながらも自分なりに頑張っています。
 自分自身でも毎日新しく学ぶ事はありますが、後輩を指導していく中で新たな発見があったり、逆に後輩からもこうしたらもっと良いのでは…と気付かされることもあり初心を忘れずにいる大切さも教えてもらっています。
 今後も互いに色んなものを吸収し合えるような関係が築けるよう、前向きな姿勢と努力を続けていきたいと思います。

スキルアップ
2015年01月 北海道スキー研修 第1班 参加 PDF
2014年07月 ゴールドコーストマラソン2014参加 PDF
2013年03月 サイパンマラソン研修 PDF
2011年02月 大川マラソン10km完走


菊竹 巳恵子(看護師)
2017年4月
 当院に復帰してから、早いもので7年目になりました。
 育児と仕事の両立で時間があっという間に過ぎていく感じがします。
 看護師になってからもうすぐ20年になろうとしています。新人の頃に比べると社会情勢や医療を取り巻く環境もずいぶん変わってきました。看護師という職業も多様化してきて、精神面、体力面で色々と大変なことも多いですが、今後も変わらず、不撓不屈の精神で頑張っていきたいと思います。


中村 恵美(看護師)
2017年4月
 こんにちは。今年の6月を迎えると入職して5年になります。日々の業務を行うなかでの反省点としては、どうしても忙しいと視野が狭くなったり、声をかけられても反応が遅かったりなどがあります。どんな状況であっても患者さんの体調や表情などの少しの変化に気付けるようになること、そして常にアンテナをはって状況を把握できるよう業務に携わって行きたいと思います。
 また、業務がこなせるようになると流れ作業になりがちで、ミスが出やすくなります。一つ一つの業務を丁寧にかつスムーズに行うことを心がけて、他スタッフの方と常に声を掛け合いながら頑張っていきたいと思います。
 笑顔を絶やさず、体調管理も気をつけて、今年も皆勤賞狙います!
 これからも宜しくお願いします。


永利 真理(コーディネーター)
2017年4月
 入職して4年と少し、看護助手の中ではあっという間に中堅スタッフになりました。後輩に指導することも多々ありますが、時々どうするんだっけ?と思い出しながら業務に取り組むこともあります。復習にもなり、新たな発見・勉強にもなり、そういう時は充実感を覚えます。
 コーディネーターとして主に病床調整や手術日程を決めるなど、電話で患者さんと接する機会が多いです。わかりやすく説明できているか、早口になって聞き取りづらくなっていないか常に注意しています。日々反省しては次ぎに活かすようにしています。プレッシャーに感じることも多いですが、自分なりになんとかやれているのかなと思っています。
 私事ですが、今年3月に入籍し、秋に出産を控えています。今年1年は自分にとっては初体験のことばかりで今からとても楽しみです。
 体調面では無理せずにできることは精一杯頑張ろうと思っています。
 どうぞ宜しくお願い致します。


野中 美帆(看護助手)
2017年4月
 入職して4年が経ちました。今年から手術室の中材という場所でも働くようになりました。覚える事がたくさんで大変ですが、スキルアップできるように頑張っていきたいと思います。
 今年は、マラソンにも初挑戦します。今までが運動をやってこなかったので不安ですが、完走するのを目標に頑張りたいと思います。
 失敗する事も多々ありますが、日々成長できるように頑張ります。

安藤 美咲(コーディネーター)
2017年4月
 4月で入職して1年が経ちます。とても濃密な1年間でしたがあっという間にも感じます。
 医療の現場で働くことは初めてで、見る物、すること全てが初めて尽くしの1年目でした。コーディネーターという仕事を通じて診察や手術室にも関わらせていただきました。様々な患者さんとの関わりの中でまだまだスタッフとしての未熟さも実感することもありましたが、2年目は1年間の反省点を振り返りより良い動きが出来るよう日々精進していきたいと思います。患者さん第一で安心感を持っていただけるスタッフになれるよう努めていきます。


津村 亮二(看護師)
2017年4月
 4月で2年目になります。今まで内科病棟で働いていたので、初めて経験する事も多く感じました。病棟・外来と働かせて頂き、手術を経験された患者さんが外来受診時にADLの向上や歩行状態の改善した姿など目にすると、看護師として関われたことに喜びを感じます。皆様の社会復帰に少しでも貢献できるよう、質の高い看護を提供したいと考えていますのでよろしくお願いします。
 また昨年度は初マラソンに参加させて頂き貴重な経験をしました。年々体力の衰えを感じますが、今後も何か新しい事に挑戦していきたいと思っています。


金子 麻未(看護助手)
2017年7月
 以前も病院で看護助手として働いていましたが、全く違う環境に正直始めは戸惑いました。先輩方に指導して頂きながら今では病棟だけでなく外来の仕事も関わらせて頂いています。しかし、まだまだ未熟な点が沢山あり、これからもっと日々勉強していかなければいけないと感じています。患者様にとって安心して来院して頂き、江本クリニックに来て良かったと思っていただけるようにスタッフの一員としてこれからも頑張っていきたいと思っています。


森山 勝次(看護師)
2017年4月
 昨年の9月に入職し、半年が過ぎようとしています。半年の間にいろんな経験をさせて頂きました。湘南鎌倉病院へ研修に行かせてもらい、人工膝関節の手術を見学したり、貴重な体験をする事が出来ました。また、今年始まってすぐにフルマラソンに参加させて頂きました。自分の人生にフルマラソンを走るなんて思っても無く、マラソンを走る直前まで避けて通りたかったです。いろんな方のサポートのおかげで完走する事が出来、本当に感謝の気持ちしかありません。
 まだまだ不慣れな事が多く、患者さんやスタッフの皆さんへいろいろと迷惑をかけていますが、早く一人前になれるよう頑張っていこうと思います。よろしくお願いします。


熊添 遥(看護助手)
2017年4月
 入社して4ヶ月が過ぎました。あっという間の4ヶ月でした。 少しずつ仕事にも慣れてきましたが、まだまだ学ぶこともあり、日々勉強の毎日です。
 医療関係の仕事をしていく中で初めてのことばかりで失敗もすることもありますが、今までのことを糧にこれからも患者さんにとって最適な医療を提供できる様に江本クリニックの一員として一生懸命頑張って行きますのでよろしくお願いします。


森山 みどり(看護助手)
2017年8月
 はじめまして。7月3日より看護助手として入職しました森山です。
 初めての職種で分からない事ばかりでご迷惑をおかけすることもあると思いますが、教えて頂いたことをしっかり身に付け、日々精進していきたいと思います。
 また、笑顔と思いやりを常に心がけて頑張っていきますので、よろしくお願い致します。



トップページ
江本ニーアンドスポーツクリニック
〒834-0115 福岡県八女郡広川町大字新代1332-1 Tel 0943-32-1213  Fax 0943-32-0037
(C)Copyright Emoto Knee and Sport Clinic. All rights reserved.