江本ニーアンドスポーツクリニック
tel:0943-32-1213
交通アクセス
診療案内 クリニック概要 医師 スタッフ 手術 リハビリテーション 健康運動指導
トップページ > スタッフ紹介 > スタッフ紹介(看護部)

看護部   ◆リハビリテーション部   ◆放射線科・事務・厨房


スタッフ紹介


樋口 菜津子 看護師長(手術場)
2019年4月
 今年も新メンバーを迎え、フレッシュな姿を見ると、まずは何事も初心を忘れず取り組むことが大事だなと改めて再認識させられます。
 常に日々の業務を見直し業務改善を図り、患者さんが安心して受診できるような環境作りと的確な患者指導が提供出来るように努めていきたいと思います。患者さんにとって今何が一番必要なのか、患者のニーズにあったものを提供出来ればと思います。
 これからも、元気で明るいクリニックをみんなで作り続けて行こうと思います。
今後もよろしくお願い致します。

スキルアップ
2013年01月 人工関節学会inスイス PDF
2012年4月 フロリダ(アメリカ)研修 PDF
2012年02月 北海道大学病院スポーツ医学診療科研修 PDF
2010年08月 ソウル・麗水(韓国)研修 PDF
2010年06月 淵野辺総合病院研修 PDF
 


釘嶋 美奈 看護師長(外来/手術場)
2019年4月
 13年目を迎えました。クリニックと同じ年を重ね、がんばっています。5月から新元号となり、そこから自分はどういう人生をおくるのだろうとか考えたりします。
 毎日外来で患者さんをみていて、膝の痛みで困り他のところで治療しているがなかなか症状が改善せず、口コミできいて来院されたり、早く手術ができると聞き来院した、短期入院を希望している、早い復帰を望んでいるとか、MRIの検査がすぐ可能だとか、県外でも同じ地域同士のかたの口コミだとか、いい評判のつながりで来院していただけることは本当にありがたいと思うし、その要望に少しでも答えられるようにDrと協力しスムーズに診察やOPまでの流れが運べるようにしていきたいという思いはあります。
 お互いが納得のいく治療ができるよう、説明の充実、質問に対する的確な対応、こちらからみたらいつもの流れ的なことであっても雑な行為と思われないように、一人一人を大事に接していくことを念頭に、見直していきたいと思います。

スキルアップ
2012年11月 韓国医療交流会 PDF
2012年02月 第42回 日本人工関節学会参加 PDF
2008年06月 ピッツバーグ(アメリカ )研修
2007年03月 ソルトレイク(アメリカ )研修
2004年02月 フロリダ(アメリカ )研修
 


松本 香織 看護師長(病棟)
2019年4月
 こんにちは。風が心地よい季節となりました。いかがお過ごしでしょうか?
 1年が早く、5月1日で開院13年を迎えると同時に新年号に変わります。
 昨年は様々な制度改正があり、その中でも働き方改革に関しては医療のみならず、多くの職種で人手不足のなか、強いられることが毎日のように報道されています。多くの規制がある中、ニーズは多様化し質の高い医療・看護を提供することを維持しつつ、同時に職場環境改善に努めてなければなりません。考え悩まされることも多いですが前進あるのみです。
今まで以上にスタッフ一人ひとりの意識と知識が必要になります。
 クリニックに貢献、社会貢献できるようスタッフ一同、力を合わせ頑張ります。これからもどうぞ宜しくお願い致します。

スキルアップ
2012年04月 フロリダ(アメリカ)研修 PDF
2010年06月 淵野辺総合病院研修 PDF
H16年02月 フロリダ(アメリカ)研修


松尾 伊津子 看護部 主任(看護師)
2019年4月
 新緑が芽生え、緑と空が綺麗な季節になりました。今年は年号も変わり、いろんなことが新しく感じられます。クリニックは13年目を迎えます。
 先日、学会へ参加させていただく機会がありました。今まで実施してきた医療の肯定的な情報や新たな知識が発表されており、非常に刺激を受けることが出来ました。今はネットでも簡単に、様々な情報が検索できます。「井の中の蛙」にならず、常に情報を収集することが大事だと感じました。また、多種多様な医療情報をよく理解して、患者さんに提供出来なければならないと改めることができました。その上で、自ら行っている医療を外部へ発信して行く必要性を感じています。
 私たちの考え方だけにとどまらず、たくさんの情報から患者さんが希望する状態に近づける医療が提供できることを目指したいと思います。

スキルアップ
2012年11月 韓国医療交流会 PDF
2010年10月 ソルトレイク(アメリカ)研修 PDF
2003年10月 サンフランシスコ(アメリカ)研修

看護助手 岩井
岩井 千津代(看護助手)
2019年4月
 来月5月1日平成から令和に元号がかわりますが、13年前の平成18年5月1日、この記念すべき同じ日に江本クリニックが開院しました。
 振り返ればあっとゆう間でした。月日は流れ13年たち14年目に入ります。
 令和元年ということで気持も新たに初心にかえり、自分の立場を考えながら業務に従事して行こうと思っています。今は休職中ですが(左人工関節置換術を施行し両膝ともに人工関節になり只今リハビリ中です。)5月の連休明けで仕事復帰したいと思っていますが、筋力アップしないと無理なので復帰に向けてリハビリを継続しながらがんばります。
 どうか令和元年もスタッフ一同ともに宜しくお願い致します。

高橋 未奈(看護師)
2019年4月
 桜が散り昼間はだいぶ暖かくなってきましたが、皆さんはいかがお過ごしですか。私は入職して4月で10年目になりました。一日一日が目まぐるしく過ぎていく感じがあります。外来・病棟・OP室と様々な所に行かせて頂いていますが、日々学ばさせて頂いています。出来る事が少しずつ増えて来ていますが、まだまだな所もありますので、初心を忘れずに今後も頑張って行きたいと思います。
 5月から当院は開院13年目を迎え、また新年号にも変わります。日々業務に追われるだけではなく、患者さんが少しでも安心して治療に挑めるように、安心と安全な医療を提供できるように心がけたいと思います。

スキルアップ
2016年01月 スキー研修参加 PDF
2013年10月 モータースポーツ部活動 F1観戦 PDF
2013年03月 スキー・スノーボード研修(3班) PDF
2012年12月 ホノルルマラソン完走 PDF
2011年02月 大川マラソン10km完走



菊竹 巳恵子(看護師)
2019年4月
 当院で働き始めて早いもので10年が過ぎました。今年は平成から令和に元号もかわりますので、新たなことに挑戦していきたいと考えています。
 資格取得、旅行、趣味、ダイエットはいつものことですが、今年は活動的に過ごしていきたいと思います。
 20代の頃の体力とは違いますが気合いで頑張っていきたいと思います。


中村 恵美(看護師)
2019年4月
 こんにちは。入職して7年が経ちました。医療の進歩に伴い、当院の業務も日々変わっていっております。そんな中、患者さんとご家族に信頼して頂けるよう専門的知識以外にも看護師としての倫理感や患者さんと向き合う姿勢など大切にしなくてはならないと日々感じております。
 術後の患者さんが安心、安全に入院生活を送るためには、患者自身のセルフケア向上のため統一した指導を理解できるまで繰り返し介入することが大切だと思っています。看護の字は“手と”目で“護る”と書きます。目で観て手でケアをし患者さんを護るという意味だと言われています。今後も細かい所に気付ける観察力、心のケアを行えるコミュニケーションを図り、笑顔を絶やさず業務に携わっていきたいと思っています。今年も宜しくお願いします。


野中 美帆(看護助手)
2019年4月
 こんにちは、入職して7年目になります。6年間はあっという間でした。いろんな経験をさせて頂き前年度より少しはステップアップできたかなと思います。後輩も増え、いつの間にか先輩という立場にもなったので後輩に慕ってもらえるよう頑張っていきたいと思います。
 良く患者さんから笑顔がいいねと言って頂き、すごくありがたいなと思っています。笑顔を武器にみなさんに元気になってもらえるよう、これからも日々頑張っていきたいと思います。

安藤 美咲(コーディネーター)
2019年4月
  こんにちは。今年の4月で入職して丸3年が経ちました。あっという間のようで振り返るととても濃い日々でした。医療業界が全くの初めてで基礎知識も無いところからのスタートで色んな事がありましたが、ここまで頑張れたのも周りのスタッフさん達のサポートや患者さんとの関わりの中で責任感も増してきたからかと思います。様々な状況で勤務させて頂くことで自分に出来るか出来ないかではなく、まずやってみること、行動することの大切さを実感しています。
 4年目も患者さんの気持ちに寄り添えるような接遇を心がけ笑顔を忘れずに、安全第一で日々頑張っていきます。よろしくお願い致します。


津村 亮二(看護師)
2019年4月
 こんにちは、今年で4年目になります。病棟、外来、OP室を経験させて頂き、私自身まだまだ力不足だと感じております。日々進歩する医療業界に遅れをとらないよう今後も知識と技術の向上を目指していきたいと思います。
 また、年齢と共に疲労が溜まり慢性腰痛になっております。新しい年号を迎えるにあたって、頭だけでなく体も柔軟にし、臨みたいと思います。


上村 麻未(看護助手)
2018年4月
 こんにちは。去年7月からコーディネーター業務をさせて頂いております上村です。
 昨年も人生初めてのフルマラソンに参加するなど沢山の経験を積ませて頂きました。
 マラソン以外にも昨年は、仕事中に突然の腹痛に襲われて病院を受診する事になり、患者さんとして医療を受ける側の経験もしました。
 当院に来院される患者もそれぞれに感じる痛みの程度は各々異なりますが、現状の痛みからの早期解放や早期社会復帰は皆さんに共通している考えだと感じております。私自身も腹痛で痛感しましたが、この経験を踏まえて患者さんの立場に立った迅速・丁寧で分かりやすい説明を心掛けられるコーディネータとして携われるように努めて参ります。
 今年は健康第一に、また昨年の自身のフルマラソン記録も更新できるようにスポーツも定期的に行っていきたいと思います。今年もよろしくお願い致します。


森山 勝次(看護師)
2019年4月
 こんにちは、9月で入職3年目を迎えます。手術室中心に勤務をさせて頂いてます。そのため、患者さんからは、『何日も見らんかったね』とよく声をかけられます。気にかけていただけて、ありがたいです。手術室では、今まで培って来た知識や技術を活かし、一人一人の患者さんが安全にスピーディーに手術を終える様、日々頑張っています。
 当院は膝専門と特殊な病院ですが、膝に限らず、患者さん一人一人をしっかり看て看護出来るように頑張って行こうと思います。これからもよろしくお願いします。


熊添 遥(看護助手)
2019年4月
 こんにちは。この業界に入って約2年半が経ちました。未だに未熟な所も有り、日々勉強の毎日を過ごしています。常にこれからも初心を忘れずに、患者さん第一に安全で安心して頂ける医療を提供出来る様に頑張っていきたいと思います。
 また、私事ですが、今年は一児の母になります。仕事も育児も両立出来るよう、常に笑顔を忘れずに取り組んで行きたいと思いますのでよろしくお願いします。


森山 みどり(看護助手)
2019年4月
 こんにちは、入職してもうすぐ2年が経とうとしています。去年からコーディネーター業務・受付業務を経験させて頂きました。業務外にも初のフルマラソンに出場し、無事に完走する事が出来ました。沿道からの声援は大きな力になり、声援なしでは完走することは出来なかったと思います。応援にきてくれた大勢のスタッフには本当に感謝すると共に、貴重な経験をすることができて良かったです。
 今はコーディネーター業務が主ですが、不慣れなことも多く先輩方に助けられながら毎日の業務に取り組んでおります。これからも笑顔を忘れず、患者さんと近い距離で接していけるように頑張っていきたいと思います。


木下 陽加里(看護師)
2019年4月
 こんにちは。入職して2ヶ月が経ちました。病院のシステムや仕組み、業務内容など日々覚えることの多い毎日で、まだまだ余裕のない日々です。まずは業務を覚えることを目標とし、がんばっていこうと思っています。
 看護師としての責任と倫理観を常に持ちながら看護を実践できるよう心がけていきたいと思います。 


宮嶋 育美(看護助手)
2019年4月
 こんにちは、入職して約2ヶ月が経ちました。
入職後数週間は分からない用語や業務がばかりでいっぱいいっぱいになっていましたが、周りのスタッフさん達からの温かい言葉やサポートのおかげで何度も助けられました。分からない事を自分の時間を割いてまで教えて下さった先輩方には本当に感謝しています。
 これからも今の環境に感謝しつつ頑張っていきたいと思っております。よろしくお願い致します。


トップページ
江本ニーアンドスポーツクリニック
〒834-0115 福岡県八女郡広川町大字新代1332-1 Tel 0943-32-1213  Fax 0943-32-0037
(C)Copyright Emoto Knee and Sport Clinic. All rights reserved.