江本ニーアンドスポーツクリニック
tel:0943-32-1213
交通アクセス
診療案内 クリニック概要 医師 スタッフ 手術 リハビリテーション 健康運動指導
トップページ > 健康運動指導 > 大牟田高校甲子園帯同

甲子園帯同記
 
大牟田高校入場

当院には、普段から県内・外問わず多数のスポーツ選手が来院されます。野球部においても福岡県全域、大分、熊本、佐賀と甲子園常連校の選手達も多く訪れる中、大牟田高校の選手との出会いは、当院が開業して間もない頃、川口コーチが投手陣を病院に連れて来られたことから始まりました。
 第79回選抜高校野球大会出場の吉報が大牟田高校に届いた頃、川口コーチより「甲子園までのサポートを」と依頼され江本院長が一つ返事で返答。リハビリ部門から田中部長、岩永PT、私の3人がコンディショニングを担当させていただくことになりました。
 私自身も甲子園出場校に携わることが2度目の経験であったため出場する選手と同じくらい楽しみで待ち遠しい気持ちになりました。
ザが流行していた時期に重なり体調不良の選手も多くみられる反面、大牟田高校の選手は緊張しない?と思うほど選手がリラックスしていたのを思い出します。
 その時は、松嶋監督の部屋にて選手のチェックを実施していたのですが、選手と監督の会話から強い信頼関係が感じられ、選手からも松嶋監督の戦術眼、川口コーチの指導力など話を聞き、その時に大牟田高校の強さの秘訣は「チームのまとまり、信頼関係」ではないかと感じました。
 2月10日に初めて大牟田高校に練習を観に行っ た時は、腕のしなりが印象的な阿部投手、顔色変えず投げ制球力のある田中投手、全体的な機動力が印象に残りました。
 3月8日からの直前合宿では、インフルエン
 
 話は反れますが広川町〜大牟田高校までの道中のこと。ナイン全員が同市や周辺地域の出身だけに数多くの応援ポスターを見かけました。大牟田から来院される患者様からも「三井三池鉱閉山から10年。久々に明るい話題で楽しみにしている。大牟田が盛り上がるきっかけになったから頑張って欲しい。」など地元からのエールを強く感じました。

 出発前に体調管理についての内容と方法を記載した資料を配布。大牟田高校は、3月19日から現地入り。私は、21日よりチームへ合流させていただきました。


 事前に大牟田高校から依頼されていた酸素カプセルを自室に設置。いつでもアイシングが出来るように氷の確保、周辺で必要物品が確保できる店舗探しとバタバタと動いてホッとした時に大型バスからブルーのユニホームの選手たちが練習場から帰舎。少し、疲れた表情が印象的でした。(部屋に戻った途端に元気になっていましたが…)

 到着後には早速、3月20日に高野連が行った投手検査にて指摘を受けた登板予定の投手を中心に身体のケアを実施。事前に肩や肘の問題点となる部位は改
善できていたので、大きな問題はありませんでしたが、大会前から投げ込むと張りが続いていた部位をしっかり指摘されていました。

  チーム全体の管理としては、とにかく時間が限られており実質、選手の自由時間は消灯の21時までで考えると4時間程度であり、選手はその時間で洗濯、入浴、道具管理、素振り、対戦チームの研究などに割り当てられていました。

 コンディショニングを行える時間は、この自由時間が主であったために夕食後のミーティング終
了時に背番号順に選手を部屋に招いて体重測定、主観的な体調報告、メディカルチェックを用紙に記載し、ベンチ入り18選手のコンディションを確認。問題のある選手及びコーチから依頼を受けた試合出場予定選手11名を中心にタイムスケジュールを提示しマッサージ、ストレッチ、酸素カプセル、クライオカフなどを使用しコンディショニングを整えました。

 宿舎から甲子園及び練習場までが離れており移動で往復2時間程度を要する為、移動時間もコンディショニングには重要な時間となり車内でアイシングが行えるようにバスに毎回、氷やアイスパック、クライオカフなどを持ち込んで問題のある選手にはアイシングを徹底してもらい、投手陣においては練習場で調整が終了次第グラウンドにてコンディショニングを実施しました。
 試合は健闘の結果、佐野日大7−0大牟田という結果で惜しくも初戦突破はなりませんでしたが、試合後にチェックした選手たちは力強く「夏に雪辱を」と次への目標を語ってくれました。そして、課題も見えてきたのではないでしょうか。大事な所で声が出ずに監督が指摘していたことがすべて出てしまったこと。全国レベルを知った以上、夏での雪辱を期待しています。

 今回の総括として、1名が熱発にて体調不良を訴えたのみで、他の選手は、大きな問題は生じませんでした。3月22日は開会式リハーサルにて甲子園〜練習グラウンドの鳴尾浜球場。3月23日は開会式終了後の第一試合。早朝から夜中まで選手もスケジュールに追われ大変だったと思いますが、これだけの経験が出来たことを誇りに思い、これからも野球をもっと楽しんで欲しいと思います。

 私たちにも貴重な経験をありがとう。
 これからも頑張れ!大牟田高校ナイン!

トップページ
江本ニーアンドスポーツクリニック
〒834-0115 福岡県八女郡広川町大字新代1332-1 Tel 0943-32-1213  Fax 0943-32-0037
(C)Copyright Emoto Knee and Sport Clinic. All rights reserved.