江本ニーアンドスポーツクリニック
tel:0943-32-1213
交通アクセス
診療案内 クリニック概要 医師 スタッフ 手術 リハビリテーション 健康運動指導
トップページ > 学会・院外研修会・院内勉強会 > アメリカ セントマークス病院研修

第3回海外研修報告:セント・マークス病院:ユタ州ソルトレーク 第3回海外研修報告:セント・マークス病院:ユタ州ソルトレーク 第3回海外研修報告:セント・マークス病院:ユタ州ソルトレーク
セント・マークス病院前にて
セント・マークス病院前にて

2008年3月22日〜3月27日まで、アメリカ・ユタ州のソルトレークへの研修に行って参りました。 セント・マークス病院への江本ニーアンドスポーツクリニックからの訪問は二度目であり、快く出迎えて頂きました。

 派遣メンバーは湯朝副院長、樋口看護主任、田中看護師、吉原理学療法士の4人です。
今回のソルトレークでの研修は、前回より若干遅い時期に渡米した為、ソルトレーク のシンボルであるロッキー山脈の雪がかなり溶けており、山肌が見えている状態でした。

 私たちが想像していた以上に気候は暖かく、天候に恵まれました。
セント・マークス病院前にて


外来待合室の風景
外来待合室の風景

ポーシャさんと共に
ポーシャさんと共に

外来見学

セント・マークス病院内にあるソルトレーク・オーソペディッククリニックは、マリアーニDrとボーンDrが経営しているクリニックです。完全予約制で患者様をお待たせしないように、ドクターの専任ナースが予約を 行っていました。定期診察も決まった期間で予約調節されていました。 外来の待合室は、とても日当りがよく、センスの良い家具と観葉植物が配置され、リラックスできる空間作りがされていると感じました。

病棟見学

整形の急性期病棟は33床。 完全個室でした。 ナースステーションはオープン式で、スタッフのユニフォームは当院と同様、絵柄のついたラフなスタイルで、活気ある雰囲気が出ていました。 急性期病棟では、人工膝関節手術の入院期間は3日間でした。 以後は必要であれば5〜7日間のリハビリ病棟への入院となりますが、ほとんどの場合、医療保険の関係で、移動することなく3日間で自宅退院を余儀なくされているのが現状だそうです。

<余談ですが・・・>
訪問した日はイースター(キリスト教で、イエスの復活を祝う祭り) の日であり、外来も病棟もゆとりがあるようでした。
(編集者:Ns田中)
研修を終えて
今回、初めて海外研修に参加させて頂く目的として、当院は膝の専門病院であり他の人工関節スペシャリストがいる病院の見学を行い当院のレベル・技術を高めることはもちろん、スタッフがどうあるべきか。スペシャリストがいる病院との違いをたくさん見て、聞いて、感じてくることでした。
アメリカでは"自分の遺体を研究に使ってください"とドナー登録されてあり、私達に人体(Cadaver)での手術経験の機会を作って頂きました。普通、当院の手術では会話はもちろん、緊張でピリピリしていますが、湯朝ドクターに尋ねたり説明して頂いたり、実際に実施したり、とても貴重な経験ができました。当医院長が勉強されていたセント・マークス病院では施設見学手術見学をしました。初めてマリアーニDrとボーンDrとお会いして緊張していたのですが、とても気さくで冗談も多く笑顔で迎えて頂き、当院長の明るさと同じ感じに思えました。
マリアーニドクターの専任看護師ポーシャとお会いし、たくさんのお話を聞かせて頂きました。ドクター専属で秘書・看護師をされ診察予約調整手術介助手術後の観察退院のフォロー迄なさっていました。ドクターが何を望んで、何を指示されるか、わかるそうです。ドクターの右腕となり、行動を読み、仕事を動かしてあるように思えました。 看護師は看護の技術はもちろんですが、医師のサポートの重大さを改めて考えさせられました。当医院のスタッフで情報を供給し専門病院として努めていきたいと思います。 看護師:田中

ナースステーション前
ナースステーション前

病室内にて
病室内にて

マリアーニDrと湯朝DrとボーンDr
マリアーニDrと湯朝DrとボーンDr

手術風景

手術風景

手術室見学 マリアーニDrとボーンDrは当院で行っている人工関節デザインドクター (いわいる開発Dr)です。どちらのDrも股関節肩関節が専門であり、年間二人で1000例以上をこなす スーパードクターです。
今回の研修では、めずらしい症例として、両膝を一度に人工膝関節手術を施行する方法(バイラテラール)と片膝のみの人工関節手術を見学することができました。 湯朝副院長は、今回2度目の海外研修ですが、今回も手術に実際立ち会うことができ、いろいろなアドバイスを頂くことができました。
両膝を一度に行うバイラテラールで行う患者は、全体の5%を占めているそうです。 また、入院期間は片膝の時と同様の3〜7日間と短期入院は変わりません。 この厳しい医療現状を余儀なくされるアメリカの医療現場を目の当たりにし、日本にとってこの現状は遠い未来ではないと常に危機感をもって、その時私達はどう対応すべきか、何を求められるのかのヒントを取得する為に、これからも海外研修で学ぶことはとても必要であると感じます。
今回の最大の研修目的は、専属ナースであるポーシャナースの動きを知ることです。 専属ナースとは、一人の医師に対して個人契約をしている専任ナースであり、今回お世話になったポーシャさんはマリアーニDrの専属ナースになって17年とその道のスペシャリストです。
ポーシャナースの役割は手術介助(スクラブナース)を行うだけではなく、手術スケジュールの調整、手術前の患者へのインフォームド・コンセント、患者トラブルの対応、ドクターのスケジュール調整など、あらゆる面に関してサポートを行っており、その道のプロとして意識の高さとパワフルさに尊敬し、大変刺激になりました。(編集者:Ns樋口)

研修を終えて
私は、今回ソルトレークには2度目の訪問であり、前回ポーシャさんの専属ナースとして、専門性の高いアプローチに感銘を受け、もう一度会って、スペシャスナースとしてのヒントを得たいと強く思い、2度目の訪問が実現しました。 支持される専門病院であり続けるためにも、より専門性の高いスペシャルナースが求められています。そのモデルとなるのが、ポーシャさんのような存在であり、彼女のアプローチは常にパワフルさを感じました。
手術介助(スクラブナース)としても、医師の癖を熟知し、ドクターとの「あ・うんの呼吸」で器械だしがスムーズに行なわれていました。その事が、より安全で正確な手術を運ぶ事ができ、結果的に手術を短縮する事で患者負担の軽減に繋げる事が出来ると感じました。
また、今回ポーシャさんが強調して言われた「患者さんとのコミュニケーション」はこれからも重要視し、いつでも相談出来る窓口となれる様に努めて行きたい。 ポーシャさんから得た多くのヒントを見つめ直し、まずは自分の出来る事から初めて行きたいと思います。より安全で信頼のあるスペシャリストなレベルを目指す為に、常に向上心を持ち、努力を惜しまず、スキルアップしていきたいと思います。 看護師:樋口

手術風景

ポーシャさんと共に
ポーシャさんと共に

リハビリルーム


リハビリルーム

リハビリテーション見学

セント・マークス病院では理学療法士(PT)、アシスタント(PTA)、テクニシャンと呼ばれるスタッフがリハビリ業務に携わっていました。リハビリ室内には当院にもあるような自転車エルゴメーターや物療機器が設置してあり、患者様一人一人が自主性をもってリハビリに取り組まれている姿を目にしました。
日本と比較するとリハビリのシステムが多少違い、各職種の役割が日本よりも分担化されていました。また、当院は人工関節術後2〜3週間の入院となっていますが、この施設では3日間と短く、手術後数時間で椅子に座る練習などから始まり、翌日の退院時は車椅子や歩行器で退院するということでした。これは日本とアメリカの保険制度が大きく違うという背景があるためです。その後のリハビリは通院やリハビリ専門施設の利用、PTの訪問による指導などが行われているということでした。 (編集者:PT吉原)
リハビリルーム


リハビリルーム
リハビリ室で患者さまと一緒に
リハビリ室で患者さまと一緒に

ミーティング風景
研修を終えて
患者様に自主性をもってリハビリに取り組んでいただくには自身の病態やリハビリの必要性をしっかりと理解していただくことが不可欠です。今回の研修先であるセント・マークス病院では術後早期よりPTらが筋力トレーニングや日常生活動作訓練等の指導を行っていました。そして、それが患者様ひとりひとりに行き届いていました。このように患者様に指導を行うためにはまずPT側が十分に知識を持ち、理解しておくことが重要です。
当院においても同じように術後早期より指導を行っています。また、今回の研修で最新の知識や技術を得て理解することの重要性や必要性を改めて感じました。今後は研修で学んだことや感じたことを臨床に活かし、役立てていきたいと考えています。
また、今年2月末、当院の手術に参加していただいたマリアーニDrに患者様の術後経過報告をさせていただきました。世界のトップをいくドクターにアドバイスをしていただくことができました。 理学療法士:吉原

関連ページ:
第1回アメリカ研修報告
第2回オーストラリア研修報告


トップページ
江本ニーアンドスポーツクリニック
〒834-0115 福岡県八女郡広川町大字新代1332-1 Tel 0943-32-1213  Fax 0943-32-0037
(C)Copyright Emoto Knee and Sport Clinic. All rights reserved.