江本ニーアンドスポーツクリニック
tel:0943-32-1213
交通アクセス
診療案内 クリニック概要 医師 スタッフ 手術 リハビリテーション 健康運動指導
トップページ > 学会・院外研修会・院内勉強会 > 2007年10月オーストラリア研修

オーストラリア研修報告
病院の概観
2007年10月27日〜10月31日まで、オーストラリアのアデレードに研修に行って参りました。
派遣メンバーは湯朝副院長、樋口看護主任、大久保看護師です。 研修先はオーストラリアのアデレードにあるSPORTSMED. SA. HOSPITALです。

写真をみてのとおり、当院のマークはこのSPORTSMED. SA. HOSPITALのマークを参考にされています。 ここでまずびっくりしたのは、自分の病院かと間違える位の出で立ちで、思わず間違えそうになりました(笑)

ウスオーストラリア州は日本の3倍と広大な土地です。その中で、アデレードの人口は105万人と少なく45パーセントが公園(緑地帯)を占めており、大自然の町でした。季節は春で少し肌寒く、日本と気候はあまり変わりませんでした。
ちなみに、アデレードの町の名前の由来は、昔の王様が最愛なる妻の名前を名付けたそうです。

展望台にて
回の研修目的は海外での医療現状を知り、専門病院としてあり方のヒントを学ぶ事、手術場での手術技術を取得する為でした。

修先のDr・keeneは江本院長、湯朝副院長のスタイルと同じく、膝の分野の中でも人工関節、前十字靱帯再建、関節鏡を専門として治療を行っています。年間、人工関節は240例、前十字靱帯再建は200例、関節鏡1000例の症例をこなすスペシャリストです。 今回の研修で、湯朝副院長は2例の人工関節手術に実際に立ち会いました。

手術見学(人工関節)
ディスカッション風景

回のアメリカ研修の時には、ドクターに専任するエキスパートナースが存在していましたが、今回の研修先では、専任ナースではなく最小人数でのチーム体制で、無駄なくスムーズに手術が行われるようにサポートされていました。     

たちが目指す所は、専門性が高いスペシャルナースと言われる存在に育っていく事です。その為にも、国内はもちろん海外での研修で学ぶ事は大変刺激にもなり勉強になります。
ディスカッション風景   ディスカッション風景

術場看護師さんと一緒に
院期間はアメリカと同様短期入院で、 人工関節は最高5日間、関節鏡・前十字靱帯再建は日帰り手術でした。手術後は関節鏡では3時間後、前十字靱帯再建では6時間後にはリカバリ室2へと自力歩行し、軽食をとったあと、ここで退院指導をうけ退院となっていました。 又、人工関節を受ける患者様の最少年齢が19才と聞き、日本とのギャップに驚きました。


リカバリ室2
Dr. Keeneと共に
後近い将来、日本も同じ様に厳しい医療状況になる事を認識し、海外で学んだいい点、悪い点を踏まえ、当院もいち早く短期入院に備えて、安全・安楽な医療が提供できるように現在の問題点を改善していく事が課題です。 今後の治療に、今回の研修を最大限生かせるように、精進していきたいと考えております。


トップページ
江本ニーアンドスポーツクリニック
〒834-0115 福岡県八女郡広川町大字新代1332-1 Tel 0943-32-1213  Fax 0943-32-0037
(C)Copyright Emoto Knee and Sport Clinic. All rights reserved.